【タイミング法】基礎体温表をつけよう

基礎体温とは、「人が最も安静にしている状態の時の体温」のことです。

 

女性の基礎体温は、排卵前の「低温期」と排卵後の「高温期」の2相になっており、その温度差はおよそ0.3℃~0.5℃です。

 

「低温期」から「高温期」に移行する境目で排卵が起こるため、基礎体温を継続して記録することにより、排卵日を予測することができます。

基礎体温表をつけよう

基礎体温表から分かること

  • 生理予定日
  • 排卵予定日
  • 排卵の有無
  • 妊娠の有無
  • 婦人病、更年期症状の早期発見

 

基礎体温をつけるのは、排卵日を確実に特定するためではありません。

 

自分の基礎体温のパターンを知ることにより、きちんと排卵は起こっているか、ホルモンバランスは乱れていないか、妊娠しやすい時期はいつかなど、たくさんの情報を得ることができます。

 

医師のタイミング指導を受ける時に、基礎体温を聞かれる場合があるので、記録しておくと便利です。

 

準備するもの

基礎体温計

  • 「測定値のみ」を表示する「単機能タイプ」
  • 「排卵日予測」や「グラフ作成」などの機能がついた「高機能タイプ」

の2種類があります。

 

毎日、基礎体温表に記録するのが面倒な人は、メモリ機能のある「高機能タイプ」が便利です。

 

基礎体温表

ドラッグストアや産婦人科で購入できます。(200~300円くらい)

 

基礎体温の測り方

基礎体温は、ほんの少しの動作で上下してしまうので、基礎体温計を枕元に置いておき、朝起きたら体を動かす前に測ります。

 

基礎体温計を舌の下にしっかり挟み、測定中もできるだけ動かないようにします。

 

基礎体温計を目覚まし時計や携帯電話の横に置くなど工夫すると、忘れず測れると思います。

 

基礎体温表のグラフの見方

 

月経開始から排卵日までが低温期、排卵日の翌日から高温期になります。

 

低温期(卵胞期)は、卵胞を育てるスピードが人によって違うため、長さに個人差がありますが、高温期(黄体期)は、黄体の寿命に個人差は少ないため、14日±2日間と一定です。

 

低温期から高温期に移行する間の数日間で排卵が起こるため、この間に数回タイミングをとることが妊娠への近道です。

 

基礎体温表のグラフが見本どおりにならない

基礎体温表のグラフが見本どおり綺麗な2相にならず、排卵日がわかりづらい人もいます。

見本どおりにならないからといって、妊娠できないわけではありませんが、注意が必要な場合があります。

 

問題ない場合

低温期と高温期の2相になっており、高温期の期間が10日以上続く場合は、きちんと排卵があり問題がないと思われます。

 

こんな時は要注意

体温が上がらない

高温期がなく、体温がずっと低いまま2相にならない場合は、無排卵の可能性があります。

健康な人でも無排卵になる月もありますが、長く続くようなら婦人科を受診してください。

 

高温期が短い

高温期が9日以下と短い場合は、黄体ホルモンがうまく機能していない黄体機能不全の疑いがあります。

黄体ホルモンの分泌が不足すると、受精卵が着床するために必要な子宮内膜の厚さを維持できないなど、不妊につながるおそれがあります。

 

高温期が長い

妊娠していないにも関わらず、高温期が長く続く原因としては「黄体依存症」が疑われます。

黄体の寿命が通常(14日±2日)よりも長く、黄体ホルモンが過剰に分泌されるため、高温期が続いていると考えられます。

心身を休めてホルモンバランスを整え、必要であれば婦人科を受診してください。

 

低温期が短い

低温期が短くても卵胞がきちんと成長していれば問題ありませんが、卵巣機能の低下などが原因で卵胞が未熟なまま排卵してしまうと、卵子の質が悪く受精できなかったり、受精しても着床できないなど、不妊につながる恐れがあります。

極端に低温期が短く、卵胞が育っているか心配な人は、産婦人科で排卵前の卵胞の大きさを測ってもらうこともできます。

 

低温期が長い

低温期が21日以上続くことを「遅延性排卵」といい、排卵の機会が減るため少々妊娠しづらくなります。

卵胞を育てるのにかかる時間は個人差が大きいため、多少低温期が長くなってもほとんどの場合は問題ないと思われますが、「高プロラクチン血症」や「多嚢胞性卵巣症候群」などで、排卵障害を起こしている可能性もあります。

 

基礎体温表のグラフがガタガタ

基礎体温が一定せずグラフがガタガタになる人は、生活習慣の乱れや、ストレスなどで自律神経が不安定になっている場合があります。

睡眠不足は特に基礎体温に影響しやすいので、できるだけ6時間以上の睡眠をとるようにしてください。

 

規則正しい生活習慣

  • 栄養バランスの良い食事をとる
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない
  • 睡眠をしっかりとる

基礎体温表グラフデータ

参考までに、私の基礎体温のデータを載せておきます。

1人目を妊娠した時のグラフと、2人目を流産した時のグラフです。

 

1人目妊活時の基礎体温グラフ

妊娠する前の周期の基礎体温

 

低温期と高温期がはっきりとした2相になっており、理想通りの基礎体温です。

 

妊娠した時の基礎体温

 

排卵から3日目には高温相へスムーズに移行しています。

初期に少量の出血はあったものの、問題なく出産に至りました。

 

2人目流産した時の基礎体温グラフ

 

排卵後、しっかりと高温相に入るまで一週間かかりました。

デュファストン(合成黄体ホルモン剤)とダクチル(平滑筋収縮緩和剤)を飲みましたが、7週目で自然流産しました。

 

2人目化学的流産した時の基礎体温グラフ

 

薬は何も飲みませんでしたが、割とスムーズに高温相へと移行したため、妊娠継続できるのではと思っていましたが、残念ながら化学的流産でした。

まとめ

毎日の基礎体温の上下に振り回されると疲れてしまうので、基礎体温のグラフは月単位で見るのが良いと思います。

 

基礎体温表のグラフから、だいたいどのくらいの周期で排卵が起こっているか予測をつけて、排卵日検査薬を使用して排卵日を調べれば、かなり正確に排卵日を特定できると思います。

 

排卵日検査薬の種類や感度については、こちらの記事にまとめていますので参考にしてみてください。

排卵日検査薬8種類!実際に使って比較してみました

コメントは受け付けていません。