ぽけっと4月号が届かないのでサンドイッチ屋さんのお店を作ってみた

こどもちゃれんじぽけっとの「いろかたちサンドイッチやさんセット」

 

親子でとても楽しみにしているのですが、今月はまだ届きません(`ε´)

いつも届いている時期に、なかなか届かないと、ソワッソワしてしまいますね。

開講月は、配達が忙しいのでしょうか。

 

待ちきれないので、サンドイッチ屋さんの店舗を構えてみましたよ! 

体験教材や広告を活用してお店やさんを作るよ!

まずは、いらないダンボール箱を用意します。

 

前面を開きます。

 

押入れリメイクをした時の、リメイクシートが残っていたので貼りました。

リメイクシートはダイソーなどの100円ショップで買えますが、無ければ無いでいいと思います。

折り紙や包装紙などがあれば貼ってもいいと思います。

 

体験教材は、もう必要ないので切り刻みます。

 

このように使うパーツの絵を切り取ったら、

 

ダンボールに貼っていきます。

 

家にあったハギレを敷いてみました。

 

ダンボールの切れはしに、体験教材のイラストを貼りつけて看板を作ります。

 

サンドイッチ屋さんの看板ができました。

 

いろっちハウスを作った時の、イスとテーブルを使います。

 

リメイクシートと体験教材のイラストを貼りました。

 

ダイソーでおままごと用の小物を購入してみました。

 

店舗に什器を運び入れます。

 

暇だったので、ウェルカムボードとプライスカードも作ってみました。

 

そんなこんなで完成です☆

 

サンドイッチ、まだかな~(*・ω・*)ワクワク

 

低コストで作る方法

100円ショップといえど、いろいろ買い揃えていたら、結構なお値段になりますよね。

気付いたら、エデュトイよりも100円グッズの方が高くついたわ!!Σ(゚Д゚)

ということになりかねません。

 

そんなあなたにオススメの「低予算ハウス」の作り方をご紹介します。

 

きれいに洗って乾かした牛乳パックを用意します。

 

A4サイズのコピー用紙をぐるっと巻きつけます。

 

セロハンテープでとめます。

 

余った部分は内側に折り込みます。

 

こんな感じで適当に作りましょう。

洗った牛乳パックがあれば、作業時間1分でできます。

 

資源ごみ用に、切り開いたあとの牛乳パックを、裏返して透明ガムテープなどで止めても作れます。

 

こんな感じ。

このままでもテーブルなどにして使えますが、

 

体験教材や広告のイラストを切り取って貼りつければ、よりお店屋さんっぽくなります。

 

イスは、いろかたちブロックなどで適当に作りましょう。

 

「いらっしゃいませ、ご注文は何にしますか?」

 

箱ティッシュを用意して、

 

お手持ちのハンカチをかければ、

 

テーブルのできあがり。

 

牛乳パック×折り紙で、おしゃれなテーブルもできますよ。

ハギレやフェルトなど、家にあるもので工作してみるのも楽しいです。

おまけ

味付のりの空容器に、

 

こどもちゃれんじEnglishの体験教材のイラストを貼りつけると、

 

可愛い小物入れができます。

 

いろかたちブロックなどの収納に使えます。

 

こどもちゃれんじのチラシや体験教材は、たくさん届くので結構邪魔になりますが、工作に使えばかなり重宝します。

 

時間のある時は、子供と一緒に工作や、おままごとを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

【2017】こどもちゃれんじぽけっと4月開講号レビュー

コメントは受け付けていません。