いつまで胎芽?いつから胎児?

お腹の赤ちゃんの呼び方など、どうでも良い話なんですが、

「いつまでが胎芽で、いつからが胎児なのか」

ということが、最近ずっと気になっていました。

いつまで胎芽?いつから胎児?

妊娠8週目で心拍確認した日、赤ちゃんのサイズは9週並みの2cmになっていました。

 

1人目の時と比べて、やたらと大きく見えたので、ふと院長先生に

「いつから胎児と呼んでいいんですかねぇ?」

という質問をしたら、

「これくらいの大きさだと、もう胎児と呼んでいいと思いますよ。これを胎芽と呼んだら赤ちゃんに失礼な気がする」

と言われました。

 

その後、院長先生はちょっと考えて、

「医学的には…どうだったかな?あらためて聞かれると分からないなぁ」

と言って、笑っていました。

 

普通、あまりそんな質問されることはないですもんね(笑)

 

細かいことが気になってしまうのが私の悪いクセ(杉下右京風)

 

ネットの情報と本の情報がまちまち

私は、科学雑誌の「Newton(ニュートン)」が好きで、妊娠にまつわる特集号も、何冊か持っているのですが、

DSCF6561

 

その中の「赤ちゃん学」という別冊本に、

 

「医学的には、受精後第8週までを胎芽とよび、それ以降を胎児とよぶ」

と書かれています。

 

「受精後第8週」というと、「妊娠10週」ということになります。

 

しかし、ネットに上がっている情報を見ると、

「妊娠8週目から胎児とよぶ」

と書かれている記事を、目にすることが多いです。

 

「ん~??どっちが本当だ??」

と疑問に思っていたのですが、先週、掻爬術後の診察に行った時、産婦人科の待合室に置いてあった

「i-wish ママになりたい」

という、不妊治療に特化した本の「着床」の特集号を見ていたら、

 

27438526

 

「胎齢8週未満を胎芽とよぶ」

と書かれていました。

 

「胎齢8週」というのは、「妊娠10週」のことです。

 

やはり「胎児」というのは、妊娠10週以降の赤ちゃんのことみたいですね。

 

妊活サイトなどに「妊娠8週から胎児と呼びます」と書かれていても、間違いだと思って良いと思います。

 

「妊活サイト」というのは、さも専門家が書いているように見えますが、実は普通のおっさんとか、主婦ライターが記事を書いている場合が多いです。

 

他のサイトに書いてあることを、間違った情報だと気付かずに引用して拡散してしまっている場合が結構あるので、情報の利用には注意が必要ですね。

 

ちなみに、私のブログも結構、写真や記事が堂々とパクられていたりします(笑)

ど素人の書いた記事なんか広めてもねぇ…┐(´ー`)┌ヤレヤレ

 

私のブログも含め、ネット上にある情報というのは、あくまで「参考程度」に利用するのが良いと思います。

コメントは受け付けていません。