2017/09/06

高温期15日目(生理予定日当日)のDAVIDとドゥーテスト

昨日は生理予定日(高温期15日目)だったので、妊娠検査薬DAVIDとドゥーテストを使ってみました。

一応、線は見えるのですが、前回妊娠した時と比べると非常に薄いです。

 

前回は高温期12日目には、とても濃く判定線が出ていたのですが、その後7週で流産してしまったので、

「早くから線が濃ければ流産しない」

ということでもなさそうです。

 

前回妊娠した時の妊娠検査薬と、今回の妊娠検査薬を比較してみました。

生理予定日当日のDAVIDとドゥーテスト

DSCF5185

非常~に線がうっすいです。

 

david

DAVIDの方は、写真では全く線が見えないかもしれませんが、肉眼だと薄っすら見えています。

 

前回妊娠した時には、生理予定日にはクッキリと陽性になっていたので、

「もしかして不良品か?」

と思ったのですが、

 

DSCF5175

ドゥーテストでさえ、これくらいの薄さなら、今はまだhCGの分泌量が少なすぎるんでしょうね。

前回は、なんであんなに早くから強陽性になったんだろう・・・??

 

ちなみに、前回妊娠した時の高温期15日目の結果がこちら↓

 

DSCF3619

「ドゥーテスト」

 

DSCF3606

「DAVID」

 

今回と全然違いますね・・・(-ω-;)

 

生理予定日当日から、こんなにクッキリ陽性が出ていたのに、その後流産するのだから、早くから強陽性になったからといって、安心というわけではないですね。

 

基礎体温表のグラフを見ていると、前回はガタガタめちゃくちゃでしたが、今回はしっかりと高温相になっています。

 

ただ、何でこんなに反応が薄いのか・・・?

今日は高温期16日目で、生理予定日の1日後ですが、

 

DSCF5196

写真でも何とか見えるようにはなったかな・・・?

まだまだ薄っすいです。

 

追記 結果は化学的流産でした(-ω-)

【高温期17日目】化学的流産へ