掻爬手術後の生理再開

掻爬手術後、初の生理がやってきました。

自然流産の時は、次の生理までとても長かったので、もう少し後になるかと思っていたのですが、手術後の今回の方が早く生理がきました。

流産手術後最初の生理

掻爬手術を受けたのが先月20日で、1回目の生理が今月23日、生理周期35日でした。

 

自宅で自然流産した時には、生理再開まで50日かかっているので、今回は比較的早く再開しました。

 

生理周期35日というと、少し長めではありますが、正常範囲内です。

 

自然流産と違って、掻爬手術で子宮内容物を綺麗に吸い取ってもらったから、生理の戻りが早かったのでしょうか。

 

自然流産の時は妊娠週数7週で胎芽は見られず、掻爬手術をした時は9週で胎芽2cmだったのですが、週数の進み具合や赤ちゃんの大きさで、流産後の生理再開までの期間が長くなるということでもなさそうですね。(初期の場合)

 

1回目は無排卵月経

術後も基礎体温をずっと測り続けていたのですが、高温期と思われる期間はありませんでした。

ずっと36.5℃前後で一定だったので、無排卵月経になったのかもしれません。

 

排卵できるほど質のいい卵子が育たなかったようですね。

無排卵月経でも、「1回目の生理」と数えていいのでしょうか。

 

流産後は医師にもよりますが、だいたい「2周期見送って」と言われる先生が多いですね。

理由は解りませんが。

 

今度、染色体検査の結果を聞きに行く時にでも、ついでに聞いてみようと思います。

 

手術から1ヶ月以上経っているので、そろそろ検査結果も出て欲しいところですが、培養しないで検査するわりには、結構長くかかっているようですね。

それなりに詳細な検査結果が出てくれると良いのですが。

 

毎日、病院から電話が来ないかと待ちわびています。

 

【関連記事】

【絨毛染色体検査結果】染色体異常のない正常な男の子でした

コメントは受け付けていません。