【安心安全無添加パン】手ごねロールパンの作り方

久々にあかりママクッキングのお時間です。こんにちは。

今日ご紹介するのは「手ごねロールパン」

子供には出来るだけ安心・安全のパンを食べさせたいですよね。

ではさっそく始めましょう。

基本の手ごねパン(手抜き方式)

材料(バターロール7個分くらい)

強力粉    200g

上白糖    30g

塩      2g

イースト   4g

卵(M~L)  1個

無塩バター  20g

牛乳または水 70ml

 

うちでは、強力粉は「カメリヤ」、ドライイーストは「スーパーカメリヤ」を使っていますが、近所のスーパーで手に入るものなら何でも良いです。

 

dscf8590

 

作り方

①ボールに材料を全てぶち込みます。

dscf8591

入れる順番とか気にしなくても良いです。

 

②とにかく捏ねます。

dscf8597

私は慣れているので、ボールの中で捏ねますが、普通は台の上で捏ねると思います。

台の上に叩きつけたりしなくても、生地をまとめるように手で捏ねれば良いです。

 

③生地のつながりをチェック

dscf8593

捏ね始めはこんな感じですが、

 

dscf7553

徐々にグルテンが形成されてつながってきます。

指が透けるくらい生地が伸びればOKです。

 

もう少し捏ねても良さそうですが、あまりこだわると2歳児が起きてしまうので、

 

dscf7581

ある程度適当なところで次に行きます。

 

④捏ね上げた生地を発酵させます。

 

dscf7554

 

室温でも発酵できますが、あればオーブンの発酵機能か、炊飯器の発酵機能を使いましょう。

 

dscf7555

うちでは炊飯器のパン発酵機能を使って50分発酵させます。

 

dscf7557

生地を指で押してみて、跡が戻らなければ発酵完了。

 

⑤生地分割

出来上がった生地を約50gに分割して丸めます。

dscf7558

7個くらいできます。(写真は8個だけど)

 

ベンチタイムをとっても良いですが、うちでは面倒くさいのですぐに成形します。

 

⑥ロールパン成形

dscf7559

片方が細くなるように手で転がして写真のような形にします。

 

dscf7556

めん棒で成形するのですが、うちにはめん棒が無いのでラップの芯を使って成形します。

ラップは使いかけのものでかまいません。(あとで使った部分だけ切ればいいので)

 

いいタイミングで夫が帰ってきたので交替します。(自撮りは難しい)

 

dscf7568

このように生地を持って、

 

dscf7570

めん棒で潰しながら伸ばします。

 

dscf7572

生地の上の方から転がしてクルクルと巻いていきます。

 

dscf7576

できました。

 

⑦発酵

dscf7580

間隔をあけてオーブン皿に乗せたら、オーブン内で発酵させます。

 

dscf7583

温度と湿度を確保するため、コップに熱いお湯を入れて一緒に入れます。(オーブンは動かさない)

 

dscf7584

およそ1時間半で発酵終了。(気温により発酵時間は異なります)

 

⑧照り

パンにツヤを出したい時は、表面に溶き卵を塗ります。

dscf7585

 

⑨焼成

200度に余熱したオーブンで約10分焼きます。

dscf7587

 

⑩バターロール完成

dscf7593

美味しそうなバターロールが焼けました☆

 

dscf7889

照り(塗り卵)なしだと、こんな感じ。

 

アレンジしてみよう

dscf7952

揚げ物や野菜を挟んでサンドイッチにすれば、ちょっとオシャレなランチが楽しめます♪

 

オール手づくりで安心・安全の手ごねパン。

ぜひお試しあれ!

コメントは受け付けていません。