柿を早く熟れさせる裏技

柿を早く熟れさせるために裏ワザを試してみました。

 

果物を早く熟れさせるには、

「追熟させたい果物をリンゴと一緒にビニールなどに入れておく」

という方法があります。

 

これはリンゴが発生させるエチレンという、果物を成熟させる植物ホルモンを利用するためです。

とりあえずやってみた

我が家には、スムージー用にリンゴが常備されています。

ちょうどいいので、さっそく柿と一緒に食パン保存袋に入れ、100均で売っていたお菓子の袋を閉めるやつ↓で密閉してみました。

 

DSCF2603

 

DSCF2614

丸ニ日リンゴと一緒に袋に入れておいた柿と、柿単体で保存していたものとを比べてみると、やはりリンゴと一緒にしていた方がやわらかく熟しています。

 

DSCF2615

左がリンゴと一緒に保存した柿

 

DSCF2618

皮を剥いて見ると違いがよくわかります。

左はもうドロッドロです。エチレン半端ない!

 

これはちょっと熟しすぎたので、ほどほどが良いと思います。

柿プリンにチャレンジ

完熟柿で、「柿プリン」を作ってみました。

柿2に対して牛乳1の割合で合わせます。

 

DSCF2810

今回は「柿200g」に対して「牛乳100g」で作ってみました。

 

DSCF2811

柿と牛乳をミキサーで1分間混ぜ合わせたら、

 

DSCF2817

型に入れて冷蔵庫で3時間冷やし固めます。

 

果たして結果は・・・

 

柿プリン完成!

DSCF2818

見事に固まっています!

ご覧ください!このプルンっとした美しいフォルム!!

完璧ですよ!!

 

食べてみると、ほんのり甘くて、柿の味もしっかり残っています。

 

子供の離乳食やおやつにオススメ

DSCF2858

「柿プリン」は、ほんのり優しい甘みで、子供のおやつにピッタリです。

 

牛乳のカルシウムも補給できるし、柿のペクチンで便秘も解消されます!

離乳食完了期など、特に便秘をしやすい時期にオススメです。

 

ぜひお試しあれ!

コメントは受け付けていません。