【耳鼻咽喉科受診】夫婦で花粉症検査に行ってきました

今年は、あまりにも花粉症がきつく、日常生活がままならない状態だったので、耳鼻咽喉科で検査を受け、お薬をもらってきました。

今日は、花粉症検査の内容と費用についてまとめてみました。 

花粉症の症状

昨年は、くしゃみと鼻水が出る程度で済みましたが、今年は、

目のかゆみ

くしゃみ

鼻水・鼻づまり

鼻・喉の痛み

頭痛・微熱

食欲不振

全身の倦怠感

睡眠障害

があり、家事をするのも辛い状態です。

 

このままではまずいと思い、初めて花粉症の検査を受けることにしました。

耳鼻咽喉科で花粉症検査

ネットで近所の病院を調べてみると、アレルギー科のある耳鼻咽喉科がみつかったので、さっそく行ってきました。

 

【検査内容】

耳鏡・鼻鏡検査

耳と鼻の穴を覗く検査器具を使って、粘膜の状態を見られました。

 

鼻汁好酸球検査

鼻の奥に細長い綿棒を突っ込まれ、鼻汁を取り顕微鏡で好酸球を確認。

 

血液検査

採血してアレルゲンとアレルギーの強さを調べます。

検査するアレルゲンの種類は、病院によって異なりますが、私が調べてもらったのは、

ヤケヒョウヒダニ

ネコ上皮

イヌ上皮

スギ

ヒノキ

カモガヤ

ブタクサ

の7項目でした。

 

【処置内容】

オルガドロン注射液1.9mg

副鼻腔自然口開大処置

超音波ネブライザー

 

検査も処置も、痛みを感じるものはありませんでした。

 

【処方薬】

【飲み薬】フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「KN」

抗ヒスタミン薬と呼ばれる、炎症やアレルギーに作用するお薬。

1日2回 朝・夕食後

 

【点鼻】アラミスト点鼻液27.5μg56噴霧用

炎症や自己免疫(アレルギー)による症状を改善するステロイドのお薬。

1日1回 点鼻

 

【目薬】パタノール点眼液0.1%

アレルギーによる目の症状を改善するお薬。

1日4回 点眼

 

受診の結果

超音波ネブライザー(霧状の薬剤を吸入する機器)が良かったのか、受診後はとても鼻の通りが良くなりました。

 

処方された薬も使い、花粉症の不快な症状は治まりました(´∀`)

もっと早く受診すれば良かったです。

 

かかった費用は3割負担で1人、

初診・検査・処置料 4500円

処方薬代 1530円

でした。

 

夫婦で受診したので、1万円を超えて、なかなか痛い出費でした(-ω-;A)

 

一週間後血液検査結果

検査項目IgEアレルギー性鼻炎

単位UA/mL

ヤケヒョウヒダニ 0.10未満(基準値0.34以下)

ネコ上皮 0.10未満(基準値0.34以下)

イヌ上皮 0.10未満(基準値0.34以下)

スギ 6.32(基準値0.34以下)

ヒノキ 0.10未満(基準値0.34以下)

カモガヤ 0.10未満(基準値0.10未満)

ブタクサ 0.10未満(基準値0.34以下)

 

スギ花粉にバッチリアレルギー反応が出ていました!

基準値0.34UA/mL以下に対して、私の場合6.32で「クラス3」でした。

 

夫もスギ花粉だけ反応が出ていましたが、「クラス1」で私よりも全然軽い方でした。

その割には、花粉時期はとても辛そうにしているので、クラスが低いからといって、不快症状が軽いわけではなさそうです。

 

私の場合、鼻の奥や喉の痛みが強く、ひどくなると頭痛がしたり寝つきが悪くなったりしますが、夫の場合は目がとても痒くなるらしく、日常生活に支障が出るようです。

 

2人とも薬はバッチリ効きましたので、これからは毎年、耳鼻咽喉科のお世話になろうと思います。

お薬だけならそれほど高くはないし、生活の質が上がるなら、花粉の季節だけお薬に頼るのも良さそうです。

【オススメ記事】

コメントは受け付けていません。