リンカルS服用1ヶ月経過

「リンカルS」を飲み始めて1ヶ月が経過しました。

体調やオリモノなど、特に変化はありません。

しいていえば、リンカルを「美味しい」と思い始めたことくらいです(笑)

飲み忘れることは一度もなく、極めて順調です。

リンカル服用から1カ月

とりあえず膣内pHチェック

現在、高温期真っ只中で、子宮頸管粘液は全くでないので、奥から引っ張り出してpH測定してみました。

 

DSCF2314

安定の弱酸性

 

リンカルで体内のpHがアルカリ性に傾くことはないらしい。

まあ、当たり前か・・・。

排卵期でもないのに、膣内の酸性度が下がったら雑菌が入って大変なことになるか。

 

リンカルの何が作用して「男の子」が生まれる確率が上がるのかは、全くわかりませんが、とりあえず「SS研究会」を信じて継続するのみ!

 

ちなみに、あいかわらず授乳は続けていますが、子供への影響も特にないようです。

 

元々リンカルは葉酸サプリと同じで、先天性異常を予防するために開発されたものなので、妊娠中に飲んでも、授乳中に飲んでも問題はないそうです。

 

ただ、授乳しているとプロラクチンの影響で無排卵になったり、排卵日が特定しづらくなるので、産み分けするなら断乳した方が無難です。

 

私は意地でも排卵日を特定してやろうと思っているので、断乳の予定は今のところ無いのですが、今年いっぱい(3周期)挑戦してみて、妊娠しないようなら、その時また考えようと思います。

子作り解禁まで残り1カ月

1ヶ月目は無事終了したので、あと最低1カ月間飲み続ければ、晴れて「子作り解禁」となります。

妊娠に向けての不安をひしひしと感じ始めています。

 

1人目妊娠中、つわりがキツくて夫に

 

「よし!子供は1人だけにしておこう!!」

 

と、声高々に宣言した日が思い出されます。

 

つわり中は、仕事もなんとかできていたし(一回早退したけど)、食事も(内容はともかく)食べられてはいたので、重い人と比べると全然マシな方かもしれませんが、あの頭痛と吐き気だけは、なんとも耐え難い苦痛でした。

 

しかも次は、「一人目のお世話」という、絶対に休めないお仕事付きですからね。

 

出産は予定帝王切開になるので、陣痛をこらえて体力を消耗することがないのが救いです。

 

1人目の時は、丸一日陣痛に耐えたあとの緊急帝王切開だったので、母子共に疲れ果ててしまいました。

 

生まれてすぐの娘は、やる気がなくて、なかなか母乳を飲もうとしませんでした(^_^;)

 

次は出産後、1人目の世話もしつつ、新生児育児をしなければいけないので、いまのうちからしっかり体力作りをしていきたいと思います!

 

【関連記事】

【男児産み分け】リンカルはいつまで飲むのか

コメントは受け付けていません。