産み分けグッズ到着!リンカルSとグリーンゼリー

杉山産婦人科が運営する「生みわけネット」のオンラインショップで注文した「リンカルS」と「グリーンゼリー」が届きました!

 

現在、「リンカルS」が品薄で発送までに時間がかかるということで、注文してから届くまで10日ほどかかりました。

生みわけネットからの配達物

クロネコヤマトの小さい袋で送られてきます。

 

2

発送元:RRスギヤマ発送センター

品名:雑貨

 

3

「グリーンゼリー」が1個と、「リンカルS」が4個。

しめて29,960円也!

リンカル値上げ前に購入したけど、なかなか良いお値段ですなー。

 

10

あとは、リンカルSとグリーンゼリーの使用方法が書かれた紙が入っています。

 

会員になるのに登録料が5000円かるので、産み分け情報について、何か小冊子程度はついているのかと思っていたけど、商品説明だけでした。(ちょっと残念・・・)

男の子産み分け準備はお早めに

「リンカルS」は妊娠前までに2か月以上服用する必要があるので、リンカルを服用しての産み分けを考えている人は、早めに手に入れておくことをお勧めします。(病院によっては3ヶ月以上服用と指示される場合あり)

 

飲んでいる間の2か月間は子作りチャレンジできませんので、その間に基礎体温をつけたり、排卵日検査薬を使用したりして、自分の排卵のパターンを記録しておくと、本番の時に役立ちます。

自分に合った排卵日検査薬を使用する

私は1人目を妊娠した時は、初めてということもあって、日本製の排卵日検査薬のみを使用していましたが、今回はたくさん使うことになりそうなので、安い海外製のものと組み合わせて使ってみようと思います。

 

使用するのはこちらで注文した排卵日検査薬
「最安値保証」排卵・妊娠検査薬はbaby832.com

 

「Wondfo」は感度が高いので、 LH分泌量の少ない人向き

「DAVID」は感度が低いので、LH分泌量の多い人向き

 

私は1人目で、日本製の排卵日検査薬(チェックワンLH-Ⅱ)を使ったら、エコー検査で排卵を確認した後にも、ダラダラと濃い陽性が出続けたので、LHの分泌量が多い方だと思われます。

なので今回は「DAVID」をメインに使用して、排卵日を特定したいと思います。

 

「グリーンゼリー」「リンカルS」「排卵日検査薬」「pH試験紙」、いろいろ買ってたら結構な出費になりましたが、夫の願いを叶えるべく、頑張って「男の子産み分け」を成功させたいと思います!

 

【関連記事】

リンカルSの使い方

産み分けゼリー(ピンクゼリー・グリーンゼリー)の使用方法

コメントは受け付けていません。