男の子産み分けサプリ「リンカルS」値上げ!駆け込み注文してみました

杉山産婦人科の運営する「生みわけネット」で通信販売されている「リンカルS」が、本日値上げされました。

「リンカルS」価格改定のお知らせ「リンカルS」は販売開始以来30年以上にわたり販売価格を据え置いてまいりましたが、このたび原料価格の高騰、生産工賃・諸経費の値上がりなどによりやむをえず、平成27年7月1日(水)より価格改定を下記の内容で実施することにいたしました。何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

現行3,240円(税込) → 改定後3,780円(税込)

「リンカルS」1個につき540円値上がりするということで、駆け込み注文しました。

生みわけネットで購入したリンカルとグリーンゼリー

umiwake2

 

注文したのは、男の子の産み分けに使う「リンカルS」4個、「グリーンゼリー」1個、それに「会員登録料」5000円(非課税)がかかります。

 

クロネコヤマトでの発送で、「お届け時間」を選ぶことができるので、仕事などで昼間不在な方は、夜間のお届けにすると良いかと思います。

 

umiwake

 

支払い方法は「代金引換」と「銀行振り込み」の2種類のみということで、クレジットカードやネットバンキングなどは利用できないようです。

 

「銀行振り込み」を選択した場合、振り込み確認が取れてからの発送になるので、「代金引換」よりも届くまでに時間がかかります。

「代金引換」を選択した場合、代引き手数料が400円かかります。

 

「送料」は一律で800円になります。

 

このへんの余計な手間やコストを考えると、SS研究会の病院で購入した方が早いしお得かもしれませんね。(初診料や診察料など費用がかかるけど相談もできるし)

 

2015年12月 追記

私が通っているSS研究会の産婦人科では、「リンカルS」を1個3500円(税込)で購入することができました。初診料は850円(3割負担分)、超音波検査は保険外自費で1500円です。ご参考まで。

リンカルSの購入方法

 

ひとまず、リンカルを2か月間飲んでいる間、基礎体温と排卵日検査薬を見て、授乳しながらでも妊娠できそうかどうか、探っていこうと思います。

 

もし、どうしても排卵日を特定できなかったり、排卵障害で妊娠自体が難しそうであれば、その時はまた断乳するかどうかを考えようと思います。(もしかしたらタンデム授乳は諦めるかも)

 

夫婦共に36歳と若くはないし、「タンデム授乳」や「産み分け」は、おまけ程度と考えて、あまり固執しないよう「授かること」を第一としながら、2人目妊活頑張っていこうと思います!

 

【関連記事】

産み分けグッズ到着!リンカルSとグリーンゼリー

コメントは受け付けていません。