2017/09/17

高温期10日目妊娠検査薬「DAVID、Wondfo、ドゥーテスト」検査画像

やってきましたフライング時期。

今回は、DAVID、Wondfo、ドゥーテストの3本でお送りいたします。

高温期10日目妊娠検査薬「DAVID、Wondfo、ドゥーテスト」

DSCF5985

まずはいつもの妊娠検査薬「DAVID」先生。

相変わらず、うんともすんとも言いません。

 

DSCF5984

次は妊娠検査薬「Wondfo」先生。

上が高温期8日目で真っ白陰性ですが、下の高温期10日目の方は、うっすらとピンク色の線が確認できます。

8日目の方の検査薬は、製造時の裁断ミスなのか、超ほっそいです。

でもやっぱりWondfo先生は感度抜群です。

 

DSCF5996

そして最後が「ドゥーテスト」先生。

かなり薄いですが、一応線らしきものは確認できます。

ちょっと写真では見づらいですが、肉眼だともっと見えます。

排卵日検査薬「DAVID」と「Wondfo」を妊娠検査薬代わりに使ってみるテスト

DSCF5981

 

毎度おなじみ、

「排卵日検査薬を妊娠検査薬代わりに使ってみるテスト」

ですが、やはりhCGが検出され始める高温期10日目あたりに、若干濃くなってきました。

 

写真は、D17、D18にLHサージが出て、タイミングを取ったのがD18未明。

D19には、完全に陰性になっています。

これはいつもの排卵日当日を狙うパターンです。

 

その後、着床が始まる時期の高温期6~7日目にも検査してみましたが薄いままで、hCGが尿中に検出され始める高温期10日目になって、少し濃くなりました。

 

Wondfoの方が分かりやすいかもしれません。

 

DSCF5983

上が高温期9日目の排卵日検査薬「Wondfo」

下が高温期10日目の排卵日検査薬「Wondfo」

9日目と比べると、10日目の方があきらかに濃くなっています。

 

DSCF5211

ちなみに、前回着床が成立した時(化学的流産だったけど)も、LHサージ終了後、一旦薄くなった排卵日検査薬が、高温期10日目から再び濃くなっていました。

 

hudankouon

タイミングを取らなかった周期の高温期の排卵日検査薬はこちら↑

LHサージ後、hCGが全く出ていない時は、1日たりとも濃くなることはありませんでした。

 

これは、排卵日検査薬もhCGに反応していると考えていいのではないでしょうか?(・ω・`)

あくまでも海外製の「DAVID」と「Wondfo」の話ですが。

 

今回も、現時点ではまだ、ちゃんと妊娠が成立するかどうかは分かりませんが、とりあえず着床はしたっぽいです(。+・`ω・´)b

これから毎日、検査薬の濃度を測って行こうと思います。

 

続きはこちら

高温期11日目、12日目妊娠検査薬「DAVID、Wondfo、ドゥーテスト」検査画像