子供が寝ている間に歯磨きしてみた

乳幼児の歯磨きは難しいですね。

機嫌よく磨かせてくれる時もあれば、嫌がって大泣きしてしまうこともある。

 

1歳5ヶ月になったうちの子は、自我がいっそう強くなってきて、なかなか磨かせてくれません。

 

1歳半あたりから虫歯が出来やすくなるそうで、心配なので寝ている間にこっそり歯磨きしてみました。

赤ちゃん~幼児が歯磨きをさせてくれない時の最終手段

子供が眠くて眠くて仕方がない、寝入りばなを狙って歯磨きします。

散歩に連れて行った後など、疲れて眠ってしまった時がベストです。

 

DSCF2340

スヤスヤ眠っています。

 

DSCF2341

はーい、失礼しま~す。

 

DSCF2344

前歯に歯垢なのか食べカスなのか、黄色い物がついています。

 

DSCF2346

ツメで軽くこすってみると取れました。

やっぱりみがき残しがありますね~。

 

DSCF2771

というわけで、寝ている間にこっそり歯磨き。

 

DSCF2772

このように歯ブラシを当てて

 

DSCF2773

歯ぐきを傷めないように1本ずつブラッシング。

 

ちなみに、うがいなしで使える歯磨き粉を使用しています。

残念ながら歯の裏側と奥歯は、歯を強く噛みしめていて開かないので、磨けませんでしたが、前歯は綺麗にピカピカになり、スッキリしました。

 

前歯に歯垢や食べカスなどが付いていて、気になる時にはオススメです。

 

あとは、歯磨きガーゼや指サックハブラシなどを使って、なんとか虫歯を作らないようにしてあげたいですね。

 

追記 2歳7ヶ月の頃

お口をこじ開けて

 

はい、失礼します。

 

下の歯シャカシャカ

 

上の歯シャカシャカ

 

思いのほか、奥までしっかり磨けました!

 

お昼寝なしで、ぐっすり寝かしつけてからがオススメです。

最初ちょっと嫌がっていましたが、眠気に負けてやられ放題です(笑)

 

子どもが大きくなるにつれて、お口も大きくなるので磨きやすくなりますね!

 

【関連記事】

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる!そんな時にオススメの歯磨きグッズ

コメントは受け付けていません。