赤ちゃんが歯磨きを嫌がる!そんな時にオススメの歯磨きグッズ

うちの娘は歯が生え始めるのがとても遅く、一歳前になってようやく歯磨きをすることになりました。

 

育児学級の歯磨き講座を受けるために買った「乳児用歯ブラシ」を、初めて使う時が来た!

と意気込んだものの、口に歯ブラシを突っ込まれるのが嫌なのか、激しく抵抗されて磨くことができませんでした。

 

その後も何度か試みたものの、「乳児用歯ブラシ」ではとても無理だと思い、シリコンゴムで作られた「指サック歯ブラシ」を使ってみることにしました。

指サック歯ブラシで歯磨きに慣れる

DSCF2066

シリコンゴム製の指サック歯ブラシを買ってみたものの、これでちゃんと磨かせてくれるかどうか心配だったのですが、最初少し嫌がったくらいで、すぐに慣れてくれました。

 

指サック歯ブラシを「歯がため」のようにカミカミするのが楽しいようです。

 

歯磨きジェルは食品用原料から作られていて、口をすすぐことができない赤ちゃんが飲みこんでも大丈夫なように作られているとのことで、安心して使うことができます。

 

いろんな種類がある中、「アラウベビー はみがきジェル」を選んだのは、たまたま行った 「ベビーザらス」に、指サック歯ブラシが、これしか売っていなかったからです(笑)

でも、娘は気に入っているので買って良かったです。

 

値段も「600円弱」とお手頃なので、試してみる価値はあると思います。

「赤ちゃん本舗」「西松屋」などの子供用品店や、「ドラッグストア」などでも購入することができます。

歯を触られるのに慣れたら乳児用歯ブラシにチャレンジ

「シリコンゴムでできた歯ブラシで、本当に歯の汚れを落とすことはできるの?」

と心配になると思いますが、まずは完璧な歯磨きを目指すより、歯を触られることに慣れさせることを目標にすると良いと思います。

 

歯磨きステップアップ

① 指サック歯ブラシや歯磨きガーゼで、歯をやさしくマッサージをするように磨いてあげて、口の中や歯に触られることに慣れさせる。

 

② のど突き防止リングのついた歯ブラシを持たせ、自分で磨く練習をさせる。(お母さんが自分の歯磨きをして見せると良い)

 

③ 仕上げ磨き用歯ブラシでお母さんが1本ずつ丁寧に磨いてあげる。

 

うちの娘はこれで歯磨きを出来るようになりました!

 

歯が生えるのが遅かった子は特に、自我が強くなった頃から歯磨きを始めることになって大変だと思いますが、虫歯になってしまったら可哀想なので、時間をかけてでもちゃんと磨いてあげたいものですね!

 

【関連記事】

子供が寝ている間に歯磨きしてみた

コメントは受け付けていません。