2017/09/17

排卵日検査薬DAVIDは妊娠検査薬代わりに使えるのではないか問題再び

化学的流産のせいで1周期見送らなければいけなくなったので、妊娠していない時の高温期のLHを測ってみました。

結果から申し上げると、hCGが出ていない時には、全くの無反応でした。

 

排卵日検査薬DAVIDは妊娠検査薬代わりに使えるのではないか問題再び!

hCGが分泌されていない時の排卵日検査薬DAVID

低温期に検査した排卵日検査薬DAVID

teion

 

LH検出後、高温期の排卵日検査薬DAVID

hudankouon

D14~D15にかけてLHサージが確認できました。

 

いつものパターンだとD15未明にタイミングを取るので、この日を高温期0日目(排卵日当日)としています。

 

今日がD29で高温期14日目、昨日より少し体温が下がったので、明日あたりリセットすると思います。

 

ネットの書き込みで、

「排卵日検査薬は高温期にも反応することがある」

というのを見かけたのですが、私が調べた限りだと、LHサージが起こる前の低温期と全く変わらずですね。

 

妊娠した時にしか分泌されないhCGと違って、LHは普段から微量に分泌されているので、分泌量の多い人だと排卵後も濃く出てしまう人もいるかもしれません。

 

私の場合、DAVIDでは普段ごく薄くしか反応しませんが、前にA-checkとラッキーテストを使った時には、感度が良すぎるのかLHサージが起こる前と、終了した後にも濃い反応が出てしまっていました。

 

DAVIDの感度は、私にピッタリ合っています。

hCGが分泌された時の排卵日検査薬DAVID

hCG

前にhCGが微量に検出された時(化学的妊娠時)には、LHサージ終了後一旦薄くなった排卵日検査薬が、着床完了時期から再び濃くなっていました。

 

その時の妊娠検査薬はこちら

DSCF5147

日本製妊娠検査薬ドゥーテスト

 

DSCF5196

中国製妊娠検査薬DAVID

 

どちらも薄いですが、反応は出ています。(医師に確認したところ間違いなく一度着床しているとのこと)

 

もし仮に、排卵日検査薬DAVIDが、hCGに反応して濃くなっているのだとしたら、妊娠検査薬よりも早期に判定ができることになりますね。

 

この時は、結局化学的流産に終ったのですが、これくらい微量なhCGを検出できるのであれば、普通に妊娠した時にはもっと濃く反応するかもしれません。

 

というわけで、次また妊娠した時に判定したいと思います!

 

追記 排卵日検査薬「DAVID、Wondfo」ともに、hCGに反応するようです。

詳しくはこちら

高温期16日目、17日目妊娠検査薬「DAVID、Wondfo」検査画像