予定帝王切開入院中の過ごし方

帝王切開の入院って長いですよねー。

「入院期間中、一体何をするの?」と、疑問に思う人もいるかと思います。

 

帝王切開前日から退院までのスケジュールをまとめてみました。

 

病院や母子の健康状態によって、若干異なる部分もあると思いますが、「だいたいこんな感じで進んでいきますよー」という感じで、参考にしてみてください。

予定帝王切開のスケジュール

手術前日からの入院となる場合がほとんどで、入院期間はだいたい1週間から10日前後。

 

経腟分娩に比べると長いですが、その分余裕を持って育児指導を受けられるし、栄養バランスの整った食事を出してもらえるし、疲れた時は赤ちゃんを預けてゆっくり休めたりするので、入院期間が長いのは結構メリットが多いです。(帝王切開の場合健康保険も適用されます)

 

それでは1日ごとのスケジュールを見ていきましょう。

 

手術前日

【食事】 21時以降は飲食不可。(病院によって時間が若干違います)

【安静度】 自由

【排泄】 トイレ

【清潔】 シャワー浴

【点滴】 なし

【検査】 心電図、胸部レントゲン、採血、胎児心拍モニター検査

【指導】 術前オリエンテーション、書類記入

 

手術の説明を受けて書類に記入をします。検査の時以外は自由に行動できるので、テレビや雑誌を見たりしてゆっくり過ごします。

 

21時以降は飲食不可の病院が多いと思いますが、私は自然分娩の予定だったため、夜中にお腹がすいてたくさん食べてしまいました。

 

その後、明け方に緊急帝王切開になりましたが、特に問題はありませんでした。(人によっては麻酔の影響で吐き気を催すことも)

 

手術当日

【食事】 絶食

【安静度】 術前は自由、術後ベッド上安静

【排泄】 手術室で尿の管を入れる

【清潔】 術前早朝ならシャワー可(病院によって異なります) 術後体を拭く

【点滴】 500ml×4本、術中抗生剤100ml

【検査】 術前:胎児心拍モニター  術後:心電図監視モニター

【処置】 浣腸、剃毛(前日にする場合も)

【指導】 血栓予防の弾性ストッキングを履く

【赤ちゃん】 母子の状態が良好なら看護師付き添いのもと母乳を与える

 

手術当日は食事を摂れません。導尿のためカテーテルを入れられます。

 

術後はベッドの上で安静にして、1日中点滴をします。

 

帝王切開術後は血栓ができやすいため、弾性ストッキングを履いて予防します。

 

母子の状態が良ければ母乳を与えることもできます。

 

看護師さんに体を拭いてもらったり、産褥パッドを取り替えてもらったりします。

 

切開傷が痛む場合は、痛み止め(飲み薬や座薬)を使用します。(私は使いませんでしたが、看護師さんはできれば痛み止めは無理せず使ってほしいとのこと)

 

手術後1日目

【食事】 朝食:なし 昼食:流動食 夕食:3分粥

【安静度】 室内歩行

【排泄】 尿の管を抜いた後はトイレ

【清潔】 体を拭く

【点滴】 500ml×4本、抗生剤100ml×2本

【検査】 検温、血圧測定、採血

【処置】 麻酔の管を抜く

【指導】 授乳指導

【赤ちゃん】 母子同室、K2シロップを飲ませる

 

食事は重湯などから始まります。食べた気はしませんが我慢です。

 

導尿カテーテルをはずして、トイレに行けるようになります。

 

シャワーは使えず、体を拭きます。

 

1日中点滴をされた状態ですが、室内を自由に動けます。

 

母子同室になり赤ちゃんのお世話が始まります。(体調が悪ければ預かってもらえます)

 

母乳を与えた時間、赤ちゃんの尿や便が出た時間を記録し、回数を数えます。

 

赤ちゃんは消化管や頭蓋内の出血を予防するための「ビタミンK2シロップ」を飲みます。

 

母乳の出はあまり良くありませんが、赤ちゃんの体重チェックは病院側でしっかりやってもらえます。

 

手術後2日目

【食事】 朝食:5分粥 昼食:全粥 夕食:常食

【安静度】 自由

【排泄】 トイレ

【清潔】 体を拭く

【点滴】 500ml×2本、抗生剤100m×2本

【検査】 検温、血圧測定

【赤ちゃん】 しばらくの間は「生理的体重減少」が起こる

 

徐々に食事の量は増え、夕食でやっと常食を食べられます。

 

点滴は少し減り、基本的に自由です。

 

赤ちゃんの写真を撮ったり、友人たちにメールで報告したりして過ごしました。

 

生まれてすぐの赤ちゃんは、母乳を飲む量よりも便や尿で排出する量の方が多いため、数日間は生まれた時よりも体重が減少してしまいますが、これは「生理的体重減少」と呼ばれるもので、どの赤ちゃんにも起こります。

 

退院する頃までには体重は増加に転じるので心配はありません。

 

手術後3日目

【食事】 常食

【安静度】 自由

【清潔】 体を拭く(病院によってはシャワー可)

【点滴】 抗生剤100m×2本

【検査】 検温、血圧測定

【赤ちゃん】 聴力検査(希望者)

 

3食常食になり、おやつも食べられます。

 

点滴は朝夕2回になり、動きやすくなります。

 

私がお世話になった産院では、まだシャワー禁止でしたが美容師さんが洗髪してくれました。

 

母乳の量が増え、詰まりやすくなってくるので乳腺炎に注意します。

 

私は乳管が詰まって「うつ乳」になり、乳房がカチカチになってしまいました。

 

母乳の出が良くない時は、看護師さんや助産師さんに乳房の状態を見てもらい、必要があれば乳管開通マッサージを受けます。

 

赤ちゃんの抱き方を変えて吸いやすい体勢にしてみるなど、母乳育児に四苦八苦する楽しい頃です。

 

赤ちゃんは聴力に異常がないか検査ほ受けます。(希望者のみ)

 

手術後4~5日目

【食事】 常食

【安静度】 自由

【清潔】 シャワー浴

【点滴】 なし

【検査】 検温、血圧測定、採血

【赤ちゃん】 K2シロップを飲む、先天性代謝異常検査

 

点滴がなくなり、シャワー浴も出来るようになります。

 

家族や友人に来てもらったり、カタログを見て内祝いの品を選んだりして過ごしました。

 

赤ちゃんは「K2シロップ」を飲み、先天性代謝異常の検査を受けます。

 

赤ちゃんの世話にも慣れて、少し暇を持て余すようになったので、夫が持ってきてくれた漫画を読んだりしていました。

 

手術後6~7日目

【食事】 常食(1食お祝い膳)

【安静度】 自由

【検査】 診察、採尿、体重測定

【処置】 抜糸(溶ける糸なら不要)

【指導】 沐浴指導

【赤ちゃん】 母乳を飲む量が増え、体重が戻ってくる

 

退院前に、1食「お祝い膳」が出される産院は多いと思います。

 

別料金で夫の分も作ってもらえたので、一緒にお祝いしました。

 

私がお世話になった産院では、洗髪とアロママッサージを受けることが出来ました。

 

赤ちゃんは母乳を飲む量が増え、体重が増えてきます。

 

沐浴の練習を始め、退院後の生活に備えます。

 

手術後8~9日目

【食事】 常食

【安静度】 自由

【検査】 採血・退院診察

【指導】 退院指導

 

退院指導と退院診察を受けたら、長かった入院生活もいよいよ終わりです。

 

赤ちゃんには持参した服を着せて、清算を済ませたら速やかに退院します。

 

退院後はあまり無理せず、自宅でゆっくり休みましょう。

入院中やっておけば良かったこと

退院してから「やっておけば良かった」と、後悔したのが赤ちゃんの動画撮影です。

 

寝てばかりでほとんど動かなかったので、少し写真を撮っただけだったのですが、頭をなでてあげたり、足を手のひらに乗せたりして動画を撮れば、より赤ちゃんの大きさを感じられて良かったと思います。

 

これから出産を控えているお母さんは、ぜひ生まれたばかりの赤ちゃんの動画をたくさん撮ってあげてくださいね(^^)

コメントは受け付けていません。