妊娠中に体重が増えすぎると帝王切開になる!?

妊娠中、体重が増えすぎて、

「検診の度にお医者様から怒られた」

という人は、わりと多いのではないでしょうか。

 

私も、つわりが治まった妊娠中期から後期にかけて体重が増えすぎてしまい、食事指導を受けました。

 

妊娠中に太りすぎると「妊娠糖尿病」や、「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」になるリスクが高まると言われていますが、私の担当医は

「太っていると帝王切開になる確率が増える」

ということを力説されていました。

 

今日は、私と姉のケースについて書いていこうと思います。

太ると産道に脂肪がついて狭くなる?

「産道に脂肪がつくと狭くて赤ちゃんがおりてこられず難産になりやすい」

とよく言われますが、本当でしょうか?

 

女性はどちらかというと「皮下脂肪がつきやすいタイプ」だと言われますよね。

 

「産道」など、特定の場所に集中して脂肪がつくことはないし、妊娠中にちょっと太ったくらいで赤ちゃんが通れないほど「産道」が狭くなるかどうかは、疑問に思うところです。

 

目標体重に抑えたのに帝王切開になった私

産院で食事指導を受けて以来、体重管理に気をつけるようになり、それまで毎日のように食べていた夜食を控え、こまめにウォーキングをするようにしたら、理想通りのゆるやかな増え方になりました。

 

私の妊娠前のBMIは標準なので、出産時の理想の体重増加は「7㎏~12㎏」ですが、無事に範囲内に抑えることができました。

妊娠前45㎏→出産時55㎏

 

「これで問題なく自然分娩できるだろう」

と自信満々で臨んだ出産は、まさかの「緊急帝王切開」でした(-ω-)

 

目標体重を超えて自然出産だった姉

一方、私の姉は、医師から厳しい指導をされていたにも関わらず、体重が増え続け、出産時には「+15㎏」と、目標体重を超えてしまっていました。

妊娠前45㎏→出産時60㎏

 

そんな姉は、普通に「経膣分娩」で元気な赤ちゃんを出産しました。

 

姉は妊娠中、「水を飲んでも太る」という状態で、たいして食べていないのに、毎回厳しく指導されるのには、納得がいかないと言っていました。

大事なのは体重管理よりも栄養管理

私たち姉妹のように、目標体重以内でも帝王切開になる人はなるし、目標体重を超えてもならない人はならないです。

 

また、ほんの少し気を付けるだけで体重管理できる人もいれば、いくら努力しても太ってしまう人もいます。

 

妊婦健診では、毎回「体重」だけでなく、「血圧」「浮腫」「尿蛋白」「尿糖」の検査もするわけですし、それで問題ないのであれば、目標体重をちょっと超えたからといって、そこまで神経質になる必要はないのではと思います。

 

「帝王切開になるリスク」よりも、「妊娠高血圧症候群」などにならないように気を付けたいですね。

 

【関連記事】

予定帝王切開入院中の過ごし方

コメントは受け付けていません。