低温期(卵胞期)の長さと卵子の質の関係

出産後、2人目妊活を始めて以来ずっと

「低温期が長い」

とぼやいていた私ですが、今年始めに7週で流産した後から、徐々に低温期が短くなってきています。

 

出産から2年、ついに低温期の長さが改善されたのでしょうか!?

 

今日は、産後の基礎体温推移と、流産時の状況などについてまとめてみました。

1人目出産後の基礎体温データ

1人目を出産してから2ヶ月後、完全母乳だったにも関わらず、生理は再開しました。

 

生理が始まったので、てっきり排卵も起こっているものと思っていましたが、2人目を意識し始めて基礎体温を付けてみると、高温期がなく2相になっていませんでした。

どうやら長いこと無排卵月経になっていたようです。

 

10m

 

この頃は、まだ断乳するつもりもなかったし、ダイエットもしていたので、基礎体温が安定しないのは仕方ないと放置していました。

 

go

その後、徐々に高温期が見られるようになってきたものの、期間は短くガタガタでした。

 

1人目妊活時の基礎体温グラフ

mae

これは、1人目妊活をしていた34歳の時に、はじめて記録した基礎体温のグラフです。

 

低温相と高温相の2相になっていて、高温期が14日間と理想的です。

この次の周期にタイミングをとり、見事一発で妊娠しました。

 

やはり基礎体温のグラフが綺麗な時は、質の良い卵子が育っているのでしょうか。

 

流産した時の基礎体温グラフ

abortion

 

これは、妊娠7週で「稽留流産→自然流産」になった時のグラフですが、排卵が起こってから高温相に入るまで、一週間かかっています。

 

排卵から一週間では妊娠検査ができないので、体温が上がらなかったことから、

「今回は妊娠しないだろう」

と思っていました。

 

高温期12日目に妊娠検査薬を使ってみたら、日本製、海外製ともにクッキリとした陽性が出ていてビックリしました。

 

※高温期に移行するまでに時間がかかったからといって、誰もが流産するわけではないと思います。

 

化学的流産した時の基礎体温グラフ

chemical

こちらは、化学的流産した時の基礎体温グラフ。

 

この時は、排卵が終わってすぐに体温が上がったので、「今回はいけるかな?」と思っていたのですが、妊娠検査薬は薄くしか反応せず、その後生理になりました。

低温期(卵胞期)の長さと卵子の質の関係

初期流産した時の排卵は、D25で起こっているので、生理周期39日くらいです。(高温期が14日間前後と考えれば)

 

化学的流産した時の排卵は、D18で起こったので、初期流産した時よりも一週間も早くなっています。

 

低温期の長さもだいぶ改善したし、高温期に移行するのもスムーズだったので、「妊娠は継続できる」と信じていたのですが、その後、検査薬が濃くなることはなく、リセットしてしまいました。

 

低温期が長い=妊娠できない

低温期が標準並み=妊娠できる

ということではなさそうですね。

 

まぁ、いつも院長先生から言われていることなのですが・・・。

 

生理周期が28日前後で安定している人でも、妊娠しないことは普通にあるので、低温期の長さにあまり神経質になる必要はなさそうです。

長いと機会は少なくなりますけどね(^_^;)

1人目出産後の低温期の長さ推移

出産後、排卵が起こるようになってからも、「低温期は長く高温期は短い」というパターンが続いていました。

 

生理周期は40日前後になることが多かったのですが、今年のはじめに流産してからは、段々と低温期が短くなってきています。

 

流産後、次の生理開始までは「50日」と長かったのですが、流産後の生理再開は個人差が大きいので仕方がないかなと思っています。

 

その後は、

流産後2周期目の生理周期→33日

流産後3周期目の生理周期→32日

流産後4周期目の生理周期→29日

と、徐々に短くなってきています。

 

特にこれといって、生活に変化があったわけではないのですが、なぜか勝手に低温期の長さが改善されています。

 

低温期が長いのを改善したくて、食事療法とか運動とかしていた頃には全く効果は上がらず(-ω-;)

 

頑張り過ぎるよりも、好きなことをしてストレスなく暮らすことの方が大事かもしれません。

低温期の長さよりも高温期の長さが問題

出産後、ずっと高温期が短く、妊娠する前後には「黄体ホルモン剤」を服用していましたが、最近は薬なしでも高温期が14日間続くようになりました。

 

継続できなかったとはいえ、妊娠したことによってホルモンバランスが整ったのかもしれません。

 

高齢などの理由で妊娠を急ぐ人は、あれこれ民間療法を試すよりも、きちんと病院に行ってホルモン治療を受けた方が、改善するのも早いかもしれません。

コメントは受け付けていません。