【6w5d】心拍確認できず!このまま自然流産!?

昨日は排卵日から計算して6週5日目、エコー検査で心拍確認をするはずでした。

が、心拍どころか胎芽(胎児になる前の赤ちゃん)すら確認できない状態でした。

どうやら、前回胎嚢を確認した後すぐくらいから、成長するのを止めてしまったようです。

成長を止めた小さい胎嚢

DSCF3860

6w5dで、胎嚢の大きさが10.8mmです。

前回5w1dで測定した時(7mm)から11日が経過していますが、3mmほどしか成長していません。

 

診察してくださった院長先生の話では、

「この時期にはせめて17mmくらいあれば希望が持てるのだけど」

とのことでした。

 

「7割の確率でダメになるだろう」

というお話でしたが、私は100%育たないだろうと思っています。

 

1人目を妊娠した時のエコー写真と比較してみると、大きさの違いが一目瞭然なのです。

 

5w2d

1人目5w2d GS(胎嚢サイズ)8.8mm

 

6w2d

1人目6w2d CRL(頭殿長=赤ちゃんの頭からお尻まで)3.4mm

 

DSCF3860

2人目6w5d GS(胎嚢サイズ)10.8mm

CRL(頭殿長)不明

 

今回(2人目)は、6週5日目で胎嚢サイズが10.8mmで、1人目5週2日の頃と比べて、2mmしか変わらない大きさです。

CRL(頭殿長)も、胎芽が確認できないため、測定不可能です。

 

かろうじて卵黄嚢が確認できるため、まだ希望はあるとのことですが、さすがに11日間で3mmしか胎嚢が大きくなっていないのは正常とはいえないため、近いうちに流産するだろうなと思っています。

 

ただ、この時期(妊娠6週)に、流産と診断するには早すぎるため、念のため一週間後に再検査するのだろうなと思います。

妊娠週数のずれ

妊娠週数は、通常最終月経日から計算するのですが、私のように低温期が長く、生理周期が安定しない人の場合は、排卵日を2週0日として計算すると分かりやすいです。

 

今回の私の妊娠を例にすると、

最終月経日は2015年11月18日だったので、

昨日2016年1月15日は妊娠週数8週2日となります。

 

実際には排卵がかなり遅れたので、排卵日から計算すると、

昨日は妊娠週数6週5日となります。

 

出産予定日は、妊娠8週頃~11週頃のCRLを測って、実際の赤ちゃんの大きさと、妊娠週数のずれが大きければ修正されるのですが、8週未満の時は、分かるのであれば排卵日から計算するのが良いですね。

 

排卵が大幅に遅れていた場合、医師から

「妊娠8週で心拍が確認できないので、自然流産するかもしれない」

と告げられたとしても、実際にはまだ妊娠5週目で、確認できなかっただけということもあるかもしれません。

 

基礎体温表でも持参しない限り、医師は排卵日を知ることはできないので、最終月経日から妊娠週数を割り出すしかないからです。

 

私の場合は、排卵するまでずっとエコー検査で卵胞の大きさを測って、排卵済みまで確認しているため、排卵日が確実に特定できています。(1人目も2人目も)

 

なおかつ、前回の胎嚢サイズからほとんど成長が見られないため、妊娠継続は難しいだろうと考えているのです。

 

「妊娠6週で心拍が確認できなかったから流産ですよ」

ということではありません。念のため。

あくまでも切迫流産

私の中では、すでに流産確定となっているのですが、院長先生は、

「まだ現状は切迫流産としか診断できないので、諦めないで薬を飲んでください」

と、またもや「デュファストン」「ダクチル」を処方してくださいました。

 

もう成長が止まっているのだから、私としては自然に出てきてもらった方がいいのですが、医師の立場としては、そういうわけにもいかないのでしょうか。

 

万に一つでも、お腹の子が成長したがっているのであれば、私が勝手に諦めることはできないので、一応薬は飲むことにしていますが、まぁ難しいでしょう。

 

【関連記事】

自然流産した時の産婦人科受診について

コメントは受け付けていません。