2017/09/06

早期流産と化学的流産の違いとは

今年の一月に早期流産で胎嚢が出てきたのですが、昨日は化学的流産でした。

 

化学的流産の場合、次の周期も続けて子作りしても良いと聞くので安心していたのですが、トイレに行くと、何やら見覚えのある白い塊が出てきました。

 

早期流産化学的流産の違いとは何なのでしょうか。

 早期流産と化学的流産の違いとは

胎嚢が確認された後、12週未満で流れてしまうことを「早期流産」と言いますが、

「胎嚢が確認された後」

というのは、エコー検査で医師が子宮内に胎嚢が出来ていることを確認した場合のことを指すわけですよね。

 

早い人は、4週の後半で見えると聞きますが、では5週まで待とうと思っていて、その間に病院に行かなかった人の場合は、

「胎嚢を確認していないから全て化学的流産」

となるんでしょうか。

 

昨日は4週3日だったので、早ければあと2~3日で胎嚢が確認できたかもしれない時期です。

 

診断を受けたかどうかで、流産かどうかが決まるというのも変な話ですね。(化学的流産は流産に含まれない)

医師の裁量によるものなんでしょうか。

 

「早期流産」「化学的流産」かがハッキリしないと何が困るかというと、

 次周期の排卵を見送るかどうか

ということや、

 不妊症、不育症検査を受ける時にカウントするかどうか

などです。

 

それよりも、この出てきた白い塊が胎嚢なのか、子宮内膜の一部なのかが気になるところ。

なんとなく捨てるに捨てられなくて、念のため袋に入れて保存しています。

 

明日、病院に行って、

「すぐに子作りをしても良いか」

「出てきた物は処分しても良いか」

など、聞いてこようと思います。

 

追記

産院で確認したところ、化学的流産と早期流産は、やはり

「エコーで確認したかどうか」

の違いであって、結局のところ同じだそうです。

 

【関連記事】

化学的流産後→生理1周期見送りへ

化学的流産は普通の生理と同じか