【7w2d】稽留流産→自然流産へ

今朝、基礎体温が異常なくらいガクッと下がりました。

午前中に生理が始まり、さほど痛みもないまま、夜になって胎嚢が出てきました。

自宅での自然流産でした。

これまでの経緯

5w1d 胎嚢確認

6w0d 少量の出血

6w5d 胎嚢10.8mm(妊娠4週~5週相当)

胎芽、心拍確認できず、自然流産する可能性大と診断される。(おそらくすでに稽留流産)

7w2d 生理開始、胎嚢排出

進行流産記録

8時  起床 基礎体温 36.28

11時 子宮が収縮する感じがする 出血開始

13時 普段の生理初日と変わらない症状、少量ずつの出血(茶色~鮮血)

15時 出血量が徐々に増える、買い物に行く

19時 痛みはほとんどないが、腰周りのだるさを感じる

19時45分 膣周辺に鈍痛、胎嚢が出てくる。生理2日目程度の出血量

21時 出血量が減る

22時 シャワー浴 腰周りのだるさがなくなる

23時 少量の出血、ほぼ無症状

 

驚くほど普段の生理と変わらない感じでした。

 

「普通の生理と一緒にポコッと出てくる」

という、院長先生の言葉通りでした。

 

痛みや出血量は、妊娠週数でだいぶ違うのだと思います。

私のように胎嚢が10mmくらいで成長を止めた場合、普段の生理と変わらない程度の症状しか出ないようです。

 

化学的流産と同じく、生理が遅れただけだと思って、妊娠していたことにすら気が付かない人もいるのではないでしょうか。

胎嚢の形

胎嚢は、血液の塊とは明らかに違います。

 

タラコのような細長い形で弾力があり、白くてプルプルした袋状のものです。

血液の塊と見分けがつかないのであれば、それは子宮内膜など他の組織かもしれません。

 

私の週数(4週~5週程度)では、一番長い所を測って、6㎝×3㎝くらいの大きさでした。

週数の進んでいる人は、10㎝以上の胎嚢が出て、痛みと出血が激しいようです。

現在の心境

エコー検査で心拍が確認できなかったことで、覚悟はできていたし、赤ちゃんの姿が見えなかったことが逆に幸いしたのか、悲しいとか辛いとかいった感情はほとんどありません。

 

クリスマスに妊娠検査薬が陽性になって、年末年始も幸せな気持ちで過ごすことができたし、1人目緊急帝王切開で、下から産む経験をできない私に、つるんと上手に産ませてくれてありがとうという、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今日はゆっくり休んで、体調を整えてまた頑張りたいと思います。

 

【関連記事】

切迫流産から出産できた1人目、自然流産した2人目




【オススメ記事】

コメントを残す