2歳6ヶ月児健診の内容

2歳6ヶ月児健診に行ってきました。

保健師による簡単な発達検査と、歯科検診、フッ素塗布をしてもらいました。

 

今日は、2歳半健診の内容について書いていこうと思います。

2歳6ヶ月児健診の内容

発達検査で見られた内容は、

型はめ

可逆の指さし

積み木

図形模写

大小の比較

用途の理解

 

型はめ

「○△□」の型を、同じ形の枠にはめ込む。

 

可逆の指さし

6つの絵を見て、保健師さんの「ワンワンどれ?」などの質問に、指をさして答える。

 

積み木

「8個以上積む」、「保健師さんの真似をしてトラックを作る」など。

 

図形模写

保健師さんが紙に書く「丸」や「渦巻き」を真似して書く。

 

大小の比較

絵カードに書かれた「小さな丸」と、「大きな丸」を見て、どちらが大きいか答える。

 

用途の理解

「自転車、傘、洋服、靴、椅子、鉛筆」の書かれた絵カードを見て、「座るものはどれですか?」などの質問に答える。

 

一通り発達問診が終わったあと、

「これは皆、普通に出来るのですか?」

と質問すると、

「標準的な発達のお子さんは、だいたい出来ますね」

とのことでした。

 

最後に歯科検診とフッ素塗布をしてもらって終了でした。

 

ご参考までに。

コメントは受け付けていません。